服用にあたって

主な副作用とその対処法

Video title

YYMMDD Author/Uploaded by

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.

主な副作用は「疲労」「ほてり」「吐き気」です。
ほかにも、次のような副作用がみられることがあります。

Alt tag

ここにあげている症状以外にも、「いつもと違うな」と感じる症状がある場合は、担当医や看護師、薬剤師に相談してください。
他のお薬と併用して治療している場合は、併用しているお薬の副作用があらわれることがあります。

特に注意が必要な副作用

心臓障害

ニュベクオの服用によって、心臓のはたらきが悪くなり、脈の打ち方が不規則になったり(不整脈)、脈を打つ速度が遅くなる(徐脈)、胸がドキドキする(動悸)などの症状があらわれることがあります。

以下のような症状がみられたら、すぐに担当医や看護師、薬剤師に伝えてください。

 

  •  心臓がドキドキする
  •  息切れがする
  •  胸が苦しい
  •  気を失いそうになる
  •  脈が飛ぶ、脈が遅くなる
  •  めまいがする

 

Alt tag

  次のような人は、ニュベクオ服用前に担当医に相談してください。

  • 心臓の病気(心不全、心筋梗塞、不整脈など)と診断されたことがある
  • 高血圧、糖尿病の治療をしている

治療を安全に進めるために、必要に応じて心電図などの心機能検査が行われることがあります。このような場合は、担当医の指示に従ってください。

主な副作用とその対処法

疲労

疲労は、お薬の副作用以外にも、不安やストレス、食事や睡眠パターンの変化などが原因となることがあります。

体調に合わせて、日常生活と休息、睡眠のバランスを上手に取るようにしましょう。

Alt tag

セルフケアのポイント

  • 疲れを感じ始めたら、無理をせず休憩をとる
  • 1日の計画を立て、大切なことだけを行う
  • 自分がリラックスできる時間をつくる
    ( 音楽を聴く、散歩をする、きれいなものを見る、など)
  • 体調が許す範囲で、運動をしたりマッサージをする

など

 

Alt tag

ほてり

ほてりのほか、急な発汗やのぼせなどの症状がみられることもあります。

仕事や日常生活に支障があるような場合は無理をせず、担当医に相談しましょう。

Alt tag

セルフケアのポイント

  • 吸湿・速乾性に優れた下着や、脱ぎ着がしやすい服装を心がける
  • 扇子やタオルなどを携帯する
  • 香辛料を多く使った食事、酸味の強い食事、熱い飲み物などを控える
  • 呼吸法や運動、音楽を聴くなどの リラクゼーションを取り入れる

など

 

Alt tag

 吐き気

吐き気は、多くの場合、食事の工夫や吐き気止めのお薬で対処が可能です。

気になる場合は我慢せず、早めに担当医に相談しましょう。

Alt tag

セルフケアのポイント

  • 吐き気が起きた場合は、空気を入れ替え、深呼吸をする
  • 食事前に、氷水やレモン水・番茶などでうがいをする
  • 刺激が少なく、消化のよいものを食べる
  • しめつけの少ない服を着る

など

Alt tag

その他の注意すべき症状

因果関連は明らかではありませんが、間質性肺疾患(かんしつせいはいしっかん)が発現する恐れがあります。

注意していただきたい症状

次のような人は、ニュベクオ服用前に担当医に相談してください。

 

  • 息切れがする
  • 息苦しくなる
  • 空咳が出る(痰のない咳)
  • 発熱

 

Alt tag

治療を安全に進めるために、必要に応じて胸部X線検査などが行われることがあります。このような場合は、担当医の指示に従ってください。